玉虫塗ワインカップナノコンポジット

東北工芸製作所
食器類 コップ、グラス

「玉虫塗」と命名された漆芸は、仙台で生まれた技法

下地に銀粉をまき、上塗りをする、これを10数回、特殊な物では40〜50回と繰り返すことにより、玉虫色の独特の風合いが出ます。

商品特徴

〜玉虫塗〜 つややかな赤や緑の漆の下から浮かび上がる銀の輝き。あでやかな光沢と華やかな色調から「玉虫塗」と命名された漆芸は、仙台で生まれた技法です。 艶やかな玉虫塗のワインカップペア。模様は金箔を一つひとつ手で貼り合わせた後、萩の柄を黒漆で描いています。産業技術総合研究所 東北センターとの開発により、食洗機にも対応するナノコンポジットコーティング(特許申請中)が付与されています。


ネットで購入 (日本)

企業情報

東北工芸製作所

宮城県仙台市青葉区上杉三丁目3−44

この企業の他の商品

当商品に関して、お取扱いをご検討頂けるバイヤーの方は、出展企業のWebサイトより、
各企業へお問い合わせください。

企業サイト