名刺入れ AGING 無地

有限会社冨岡商店
ファッション アクセサリー・小物(財布・時計)

手の温もりで趣深い表情に変化する名刺入れ

古くは正倉院の御物や、筆、弓、刀の鞘などにも装飾や補強のために山桜樹皮を使ったものが見られますが、その技法を活かして名刺入れとして誕生しました。 使い込むほどに手の温もりによって趣深い表情に変わっていくのを楽しむことができます。

商品特徴

樺とは野生のヤマザクラの樹皮のこと。18世紀末に佐竹北家により、秋田県北部の阿仁地方から角館に技法が伝えられたのが始まりとされています。近代民芸運動の先駆者である柳宗悦氏は「日本の樹である桜が皮として使われる、日本固有のものである」と、国際的視野から評価しています。


ネットで購入 (日本)

企業情報

有限会社冨岡商店

秋田県仙北市角館町東勝楽丁2番地2

この企業の他の商品

当商品に関して、お取扱いをご検討頂けるバイヤーの方は、出展企業のWebサイトより、
各企業へお問い合わせください。

企業サイト