ホームオフィス: スタイルで応える

2019.02.07 執筆者 : D.S. タグ : Home Office

在宅勤務している方なら、効率を最大に上げるために整理整頓がどれほど大切か分かっているでしょう。仕事場の雑然としたものを取り除けば、時間、エネルギー、ストレスを大幅に節約できるのです。


株式会社アート蒼「手ぬぐいハッピーボックス」

手ぬぐいは、奈良時代から使われてきた日本古来のタオルの一種です。時代の経過とともにコットンタオルが普及したことで手ぬぐいの使用は少なくなりましたが、その美しい模様やデザインによって土産用品として、あるいは日常生活で使われることでも再び人気が高まっています。この小さな箱はオリジナルの手作り手ぬぐいで包まれています。

オリジナル手ぬぐいの生地は日本の伝統的な染色技術を使って手染めされ、箱そのものも製紙会社の職人によって作られました。さまざまな場面で利用できるコンパクトな長方形の箱は宝石、ペン、小さなアクセサリーなどを入れておくのにピッタリです。私はこの箱を仕事机の上に置いて文房具などを入れていますが、手ぬぐいの美しい織り模様が仕事場をスタイリッシュに整頓された雰囲気にしてくれます。


手ぬぐいハッピーボックス

株式会社アート蒼
東京都港区麻布十番1-5-24


株式会社丸二の「Karakami kit」「Karakami stamp 四季」「KARA-BOCO」

ボタンを一回押すだけで地球の向こう側にいる人々とコミュニケーションがとれるこの現代に、ハガキに便りを書いて送ることは失われた手仕事となっています。「Karakami kit」なら、日本の伝統的な木版画印刷技術を使ってあなただけのポストカードを作ることができます。

からかみ(唐紙)とは、奈良時代に中国から日本に伝わった装飾紙を指します。からかみの基本コンセプトは、さまざまなデザインやモチーフの木版画を版木として使い、和紙に印刷するというものです。からかみのデザインでは、身近な自然や情景を簡略化した文様を取り入れています。この美しい芸術は江戸時代に大きな人気を博しましたが、他の多くのものと同様に、紙が大量生産されるにつれて衰退しました。

このキットなら、あなたの手紙を受け取る方に特別な気持ちを感じてもらえ、あなただけのオリジナル手作りハガキを作ることができます。キットはエレガントな木箱の中に収められており、中にはハガキ印刷に必要なアイテムがそろっています。四種類の印刷用木版ブロックに季節のモチーフがデザインされ、それぞれ異なる趣きになっています。お湯で顔料をペースト状に練ったものを使って好みの版木を紙に摺れば、美しいオリジナルのハガキが出来上がります。初めて自分でクリスマスカードを作ろうと思ったときは本当の職人になったように感じたものです。使用するすべての材料に繊細で緻密な作業が必要ですが、すべての指示に沿って丁寧に行うことがとても大切で、とりわけ顔料をペースト状に練るときは慎重を要します。友人や家族から伝統的な和風ポストカードについて沢山の誉め言葉をもらいました。これからも特別な日のために必ずこのキットを使い続けることでしょう。

上記のキットと同じように、「Karakami stamp 四季」は機械彫りで、それぞれ木で作られたスタンプには春の梅の花、夏の波しぶき、秋のウサギ、冬の雪の結晶といった伝統的な季節を表すモチーフが刻印されています。五番目のスタンプは鳳凰と蝶の模様になっていて、どの季節でも使える人気のモチーフになっています。スタンプを押すのは手紙、書類、文房具などを自分らしくアレンジするのにピッタリの方法です。


KARAKAMI KIT

株式会社 丸二
京都府京都市下京区高辻通堺町東入 泉正寺町462



KARAKAMI STAMP “四季”

株式会社 丸二
京都府京都市下京区高辻通堺町東入 泉正寺町462


「KARABACO」は、からかみでデザインされたアンティーク調の封じ箱です。 この封じ箱は滑らかで絹のような質感があり、もともとは1800年代に作られた上品でシンプルな風合いの梅の花の丸模様が特徴になっています。箱の上蓋を開けると、小物や身の回りの品を入れるのにちょうどよいぐらいの小さな仕切り箱が二つでてきます。小さな仕切り箱を持ち上げるとその下にはさらに広いスペースがあり、宝石、化粧品、鍵といった、さまざまな小物を入れられるようになっています。箱の内側には薄いグレーと鮮やかなピンク色の滑らかな手触りのかみが美しく貼り込まれています。私はこの箱の中に物を入れるのではなく、装飾的なものとして、素晴らしく優雅で洗練されたデザインのインテリアとして使っています。


KARA-BACO

株式会社 丸二
京都府京都市下京区高辻通堺町東入 泉正寺町462


有限会社中野木工の「天然木のボールペン」

このボールペンとペン立ては秋田県産の天然木を使って作られました。また、インク入れとペンは熟練した職人が天然木からひとつひとつ丁寧に作り出されています。滑らかな仕上がりにするためにペンの外側表面にオイルが塗布されています。

手でペンを持ってみて最初に気付くことは、その滑らかな自然の風合いがとても握りやすいということです。インクはペンによく馴染み、指で持ったときの天然木の感触は素晴らしいものです。このペンは日本ギフト大賞2016を受賞しており、実にユニークで書きやすいペンとして専門家からも認められています。このペンを使い始めると、指に滑らかな感触があり書き続けるのが苦になりませんよ!


天然木のボールペン

有限会社中野木工
秋田県湯沢市二井田字掵ノ上34-2


執筆者情報

D.S.

アメリカ生まれ。日本在住25年。写真、ビデオ編集、旅行が大好き。お気に入りの町は京都。