リビングルーム:ゲームで遊ぶ

2019.02.26 執筆者 : S.W. タグ : Living Room

リビングルームを美しく、快適な空間にするのが内装や家具の役目なら、ここで紹介する玩具は家族や友達との忘れられないひとときを生み出す存在です。日本の民芸品からインスパイアを受けたお面や組立ブロックなど、伝統的で革新的なゲームを使って遊べば、間違いなく楽しいひとときを過ごせるでしょう。


株式会社ボウンディアの「つのつのサイコロ&テトラパーティボックス」

子供が夢中になれるようなおもちゃやゲームを探し出すのは、時として難しいものです。しかし、0歳から100歳までを対象とした「つのつのサイコロ&テトラパーティボックス」は、家族全員が楽しめる多目的なおもちゃとなっています。サイコロと様々な色のテトラが合計35個も入る軽量でコンパクトな透明のボックスは、持ち運びも収納も簡単です。

私の姪達はこのボックスを目にした途端、駆け寄るや否やサイコロとテトラを全て床にぶちまけました。ソフトな素材で作られているこのブロックには、それぞれに角(名前の「つの」の由来)と穴が付いており、これを使ってブロック同士をつなぎ合わせたり、重ねたり、曲げたりできます。姪達はあっという間に夢中になり、ブロックをつなげて恐竜を作ったり、倒れないよう、できるだけ高く積み上げたりと、思い思いに遊んでいました。このゲームは、決まりごとがなくイマジネーションと創造力を駆使して遊ばなければならないため、小さい子供はもちろん、脳を活性化させたいお年寄りにも適しています。飽きがきてしまうようなおもちゃとは一線を画しているこのゲームは、遊び方も豊富で、教育と娯楽を完璧にマッチさせた商品です。


つのつのパーティ-

株式会社ボウンディア
東京都豊島区巣鴨3-23-3ハウス桃李1402


株式会社サンモリッツアーツの「ディノバーンAR 恐竜パズル」

大の恐竜ファンである姪は、このパズルを取り出したとき、喜びを抑えきれない様子でした。異なる形状の7種類のブロックが格子状のボードと一緒に入っており、それぞれのブロックに空いている穴を組み合わせて、自由な形に組み上げることができます。また、四角形に組み合わせれば、すんなりボックスに収めることもできます。また、スマートフォンに「ディノバーン」というアプリをダウンロードすれば、四角形のパターンをポイントするだけでさまざまな恐竜のARイメージを表示させることもできます。イメージは正面、側面、背面のどこからでも見られるので、太古に存在した恐竜を詳細に観察することができます。姪達にはちょっと難度の高いゲームでしたが、パズルのガイドに従うことで、8体のうち2体の恐竜を作ることができました。


ディノバーン

株式会社サンモリッツアーツ
東京都八王子市打越町1523-66


株式会社サンモリッツアーツの「アーツブロック」

「アーツブロック」は、四角と丸の2種類の木製ブロックと、それらをつなげる5種類のジョイントが付いたゲームです。何も教えなくても姪達は黙ってそれぞれの作品の制作に取り組み出しました。その後、一人一人に違うテーマを与えてみると、自分の想像力を駆使して、見事に馬と飛行機を作り上げました。取扱説明書には簡単なものから難しいものまで、様々なアイデアやデザインが載っているので、小さな子供など、年齢を問わず楽しめるようになっています。また、色々な形の木製ブロックやジョイントが用意されているため、創造性をいかんなく発揮することができます。


アーツブロック

株式会社サンモリッツアーツ
東京都八王子市打越町1523-66


株式会社おまつりらんどの「民芸お面シリーズ」

日本のお祭りは、五穀豊穣、健康増進、地域の安寧、そして先祖崇拝を目的として、一年を通して数多く催されます。お祭りは地域ごとに独自の特色を持っていますが、一般的にお祭りは神社近辺で行われ、ゲームを楽しみ、屋台の食べ物に舌鼓を打ち、神様にお参りします。こうしたお祭りでは「お面」が売られています。ほとんどはキャラクターなどを模したものですが、中にはお神楽の舞台などで役者が付ける面に由来するものもあります。

「民芸お面シリーズ」のデザインは、ほとんどが能や歌舞伎、神楽、あるいは神話に由来するものとなっています。2人の姪はアメリカ生まれアメリカ育ちで、日本のお祭りは未経験。私がお祭りについて説明しようとバッグからお面を取り出すと、最初はそのリアルなお面を見て怖がっていました。しかし、天狗、筋隈(「荒事」と呼ばれる、能や歌舞伎で使用する武士を表す化粧法)、狐(日本の民話に出てくる神様の使いの一種)、般若(能で使用する嫉妬にかられた女の面)、小面(若い女の面)など、お面が表すものについて私が説明すると、姪達も興味を持ち、お面を付け、それぞれの役を演じて楽しんでいました。お面は、楽しいひとときを過ごせるだけでなく、日本のお祭りの歴史や文化的な意味を子供に教えるのにもぴったりの道具です。


民芸品お面 シリーズ

おまつりらんど
東京都葛飾区立石8-34-20


執筆者情報

S.W.

アイルランド出身で日本在住3年。家庭菜園が楽しみで現在は盆栽講座を受講中。好きな日本食は天ぷらとすき焼き。